新卒採用で将来が決まるわけではない、その後の行動、仕事内容で決まる

新卒学生にありがちな思い込みとして良くあげられるのが新卒採用で将来の良し悪しが決まってしまうと言う事が見られます。
これは、はっきり言って間違いだと認識しておかなければなりません。
新卒学生がどうしても大企業・大手企業に就職したい理由で安定やネームバリューを気にするのは、そういった考え、情報が元になっているのでしょう。
バブル時代ならそういった考えも一理あったのかもしれませんが、現状の経済状況や大企業・大手企業の状況を見ても、安定やネームバリューを第一に考えてしまうのは、ちょっと異常としか言い様がありません。
確かに、大企業や大手企業における社会保障制度や福利厚生などの待遇面だけを見れば中小企業のそれとは比較にならない部分があります。
しかし、新入社員が始めから行使できるわけでもなく、ましてや倒産・リストラなどが当たり前の様に行われる昨今で安定やネームバリューは、もはや意味をなさないと認識して欲しいです。
中小企業に入ったからといって何が嫌なのでしょうか・・・私は、元々中小企業から出発しましたが、目標や目的を持って仕事に励んでおりました。同僚や上司に関しても同じ様な意識の元に業務を行っていました。
その為、会社の業績は良く、いつの間にか上場していました。待遇もよくなり福利厚生もよくなりましたが、更なるレベルアップの為に、転職しました。
転職先は中小企業でしたが、やはり目的や目標を持った仲間達と仕事をしたおかげで、またも上場する事になりました。
しかし、まだやりたい事があった私は更に転職を繰り返しましたが、上場したり、大手企業と合併したりと待遇や福利厚生では良くなったのではないでしょうか。
ここまでで何が言いたいのかというと、大手企業や中小企業など会社の規模に関係なく、目標や目的をもって仕事に従事することで、幾らでも自分の将来を変えることが出来ると言う事です。
高い給料が欲しければ、そういった会社を選び、スキルをつけたいのであれば、そういった会社を選ぶ必要性があります。
それら全てが、それまでの自分の行動や仕事内容・スキルで決まってきます。
安定という言葉は、自分がそれ相応の技術や経験・知識を持った時点で手に入れることができると考えておきましょう。