ハッカー対策セキュリティ関係の技術者は、どこの企業でも必要とされる

ソニーのPSNがハッカー集団アノニマスに狙われ、ハッキングされて一億人以上の個人情報が盗まれた事は知っているでしょう。
ネットワークを介して情報を管理している以上、こういったハッカー攻撃に対するセキュリティ対策を施していない企業はないでしょう。
しかし、ハッカーやクラッカーからの攻撃を既存のセキュリティでは防げていないのも事実で、企業は更なるセキュリティに力を注がねばなりません。
あの大手グーグルでさえ、中国からのサイバー攻撃を受けてメールを読まれてしまった経緯もあります。
こういった凄腕ハッカー・クラッカーに対抗するには、企業側もセキュリティのプロフェッショナルを雇用する必要があります。
それも、ハッカーにはハッカーをといった感じで、企業側に引き入れてしまう場合もあるのです。
上記のフェイスブックの場合が、ハッカー雇用にあたる良い例ですね。
こうしたセキュリティ関連に関して、日本の企業は結構遅れている部分があることは否めません。
しかし、ソニーへのハッキング攻撃を受けて、今後企業側はセキュリティ関連に技術者を雇い入れる機会が多くなる事でしょう。
アマゾンでソニー製品を見てみる
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)