ハローワークはブラック企業ばかりが掲載されているのか?

就職や転職で利用する事が多いであろうハローワーク。
そのハローワークに掲載されている会社・企業は所謂ブラック企業が多いと言うのは本当でしょうか?
答えは、まぁイエスでしょう。
私を含め、私の周囲でハローワークを利用している人はいません。
ブラック企業が多いとか、そんな事も知りませんでしたし、求人が掲載されている事すら知りませんでした。
ハローワークというより、職安という響きの方がしっくりくるぐらいです。
しかし、入社してくる人たちの中にはハローワークに通っている人が多かったのも事実です。
話を聞いていると興味が湧いてきて言ってみる事にしました。
ハローワークには、老若男女多くの人でごった返していましたが、意外とスムーズに端末にたどり着く事はできました。
早速、求人検索をしてみましたが、あまりの情報の少なさに驚いてしまいました。
ハローワークの求人広告にのっているのは、一般の求人広告と違い、応募資格や時間など基本的な事しか書いていません。肝心な仕事内容が少ないのが厳しいですね。
更に驚くべきは社会保険欄が無記入、残業代の有り無しも書いてない会社が非常に多いです。
中には会社名すら公開していないところも存在しています。
いったいあの情報で何が分かると言うのでしょうか?
社会保険が無いって、公的機関のハローワークに掲載されているのはどういうことなのか・・・
疑問だらけのハローワークですが、よく見てみると一般の求人広告も出して、ハローワークの求人広告も出している企業が沢山あります。
大量採用しているわけでもないですし、社員数が増えているわけでもない・・・
残業が多いと知っている会社が、残業月平均15時間って、おいおい・・・
これは、ブラック企業が多いと言うのは認めざるを得ないのではないでしょうかね。
しかし、中には一般の求人サイトでは見つける事ができない様な職種の求人募集があったりしました。
疑問に思う会社ばかりでなく、しっかりとした求人広告を作成している会社も多く見つける事ができましたね。
ハローワークにはブラック企業も多いですが、中にはしっかりとした会社が混じっています。
それらが混在し、見つけにくくなっている事からブラック企業ばかりというイメージになっているのではないでしょうか。
詳細検索なども実装していますが、もっと検索機能を充実させ、職種を細分化などの改善をハローワークはした方が日本の為になるでしょう。
就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語
就活の鉄則!有名企業より優良企業を選びなさい!