看護師の転職市場は売り手市場

医師と同じく医療の現場で必要不可欠な看護師ですが、どういった場所で働いているのでしょうか。
看護師が活躍できる環境と言うのは非常に多いです。
例えば

  1. 病院
  2. 介護施設・老人ホーム

ちょっと、おおざっぱですが上記の様な場所で働く事が主となります。
大体が病院勤務になるとおもいますが、最近では介護施設など高齢者のケアにも看護師は必要とされています。
そして、東日本大震災など災害の現場でも看護師は必要です。
一口に病院と言っても、様々な病院があることを忘れてはいけません。
大学病院から個人病院、それに美容外科などもありますね。中には国や自治体が運営する病院などもあります。
介護施設に関しても色々あります。
訪問看護だったり、高齢者マンションに常駐したり、老人ホームなどに常駐したり、やはり国や自治体が運営する社協など、多くの職場が用意されています。
看護師が行きたい職場というのは、大体、国や自治体などしっかりとした基盤がある病院や施設を求める傾向が高いですね。
まぁ全く持って当たり前ですが、誰も経営が怪しい病院や、休みがない病院なんかでは働きたくないですよね。
こういった点から見ても、看護師も他の職種と同じなのです。
最近人気が高まってきたのが、美容整形などを経営している病院ですね。
一般的な病院と違って、不規則な勤務ではなく、しかも給料がいいとの事で人気になっています。
介護施設なども人気になっています。
介護施設には看護師が多くいるわけではありません。その為優遇される場合が多いです。
この様に、職場環境によって様々な待遇の違いがありますが、基本的には医師と数人のチームを組み、患者さんのお世話をするといった業務が中心になります。
他の職種と大体同じですね、会社と病院が変わったくらいでしょう。
しかし、違うところは看護師は資格を持っていないとなれません。
他の職種の人が転職市場に参入できない為、看護師の転職市場は完全に売り手市場になります。
こういった事も、看護師の転職が活発化する要因でしょうね。
更に良い待遇・環境・キャリアアップを狙って、毎日看護師の転職市場は賑わっています。